フォルスタージャパン | forster japan

CLOSE

ラベルの読み方

フランス・ボルドーワインのラベル
フランス・ブルゴーニュワインのラベル
フランス・アルザスワインのラベル
イタリアワインのラベル
ドイツワインのラベル
スペインワインのラベル
アメリカ・カリフォルニアワインのラベル
フランス・シャンパーニュのラベル

ボルドーワインのラベル

フランスのボルドー地方でまず目につくのは、「シャトーもの」と呼ばれるワイン。これは、ワイン・メーカーであるシャトーの名前が、そのままワイン名となっている。同じシャトーで数種類のアイテムを手がけている場合には、シャトーと同じ名前を与えられているワインが最高級。それより廉価なものは、順にセカンド・ワイン、サード・ワインとなる。自社管理の畑に育ったブドウを収穫して自家醸造するのがシャトー・ワインのスタイル。この他、ボルドー地方にはワインやブドウの仲買人が自分のブランドで販売する「ネゴシアンもの」と呼ばれるワインもある。

ボルドーワインのラベル

  1. ワイン名(ワイナリー名)
  2. 原産地呼称名称
    実際のAOCの名称でブドウの収穫された産地を表す。
    ボルドーではAOCの最小限定区域は村単位まで。Appellation d’Origine Controlee(AOC)のOrigineのところに原産地名が記載される。
  3. ヴィンテージ(ブドウの収穫年)
  4. シャトー元詰め
    “Mis en Bouteille au Chateau”と記載されていればシャトーで瓶詰めされたことを示す。
  5. ワインの瓶詰め業者
  6. 容量 (clはmlの10倍)
  7. アルコール度数
  8. 8.原産国
    輸出されるワインには原産国が表示される。

ブルゴーニュワインのラベル

ブルゴーニュではボルドーと違い、AOC名がワイン名として扱われる。AOCの区域は、地方、地区、村そして畑の4段階に分けられ、その中でも畑は、“Grand Cru”グラン・クリュ(特級畑)と “Premier Cru”プルミエ・クリュ(1級畑)にランク付けされる。
グラン・クリュは畑名のみの記載でよいが、プルミエ・クリュは、村名を伴った記載が義務づけられている。シャブリ地区においては、グラン・クリュとプルミエ・クリュのいずれの場合でも“Chablis”の後に“Grand Cru”または“Premier Cru”を伴ったかたちで畑名を名乗ることができる。

ボルドーワインのラベル

  1. ワイン名
    ブルゴーニュでは、AOCワインは、ワイン名にAOC名称を表示する。左のラベルは、グラン・クリュのワインなので畑名のみ記載されている。
  2. グラン・クリュ(特級畑)のワインであることを示している。
  3. d’Origine Controlee (AOC)
    “Appellation”と“Controlee”の間に原産地名が入る。
  4. ドメーヌ名(ワイナリー名)
    “Mis en Bouteilles au Domaine”と記載されていればドメーヌで瓶詰めされたことを示す。
  5. ヴィンテージ
    ブルゴーニュでは、ヴィンテージはボトルの肩の所にヴィンテージを記載したラベルが貼られている場合が多い。
  6. ワインの瓶詰め業者
    左のラベルでは、業者名の下には所在地が記載されている。
  7. アルコール度数
  8. 容量 (clはmlの10倍)
  9. 原産国
    輸出されるワインには原産国が表示される。

アルザスワインのラベル

アルザスはフランスの他の地方と違い地区や畑名の単独AOCはなく、ブドウ品種名を表示する。
50のグラン・クリュで収穫されたブドウを使用している場合は、“Alsace Grand Cru”(アルザス・グラン・クリュ)を名乗ることができるが、グラン・クリュ反対派のドメーヌのワインは、たとえグラン・クリュであってもラベルに表示されることはない。

アルザスワインのラベル

  1. ワイン名
    アルザスのワイン名は、AOCワインの場合、その後に品種名を併記する。アルザス・グラン・クリュの場合は、その後にグラン・クリュ名も併記できる。本書では、グラン・クリュ推進派のワインは品種名+Alsace Grand Cru+グラン・クリュ名とする。
  2. 右のラベルでは2はブランド名。
  3. Appellation d’Origine Controlee(AOC)
  4. ヴィンテージ(ブドウの収穫年)
  5. ドメーヌ名(ワイナリー名)
  6. ドメーヌ元詰め
    “Mis en Bouteille au Domaine”などと記載されていればドメーヌで瓶詰めされたことを示す。上のラベルではドメーヌ名と所在地も併記されている。
  7. 容量
  8. 原産国 輸出されるワインには原産国が表示される。
  9. アルコール度数

イタリアワインのラベル

イタリアワインはDOC、DOCGに格付けされたワインとVdTに大別 されている。そして、VdTの中にIGTが含まれる。ここでは、ラベルの記載する項目が明確なDOCGワイン(DOCワインでもほぼ同じ)のラベルについて解説する。

イタリアワインのラベル

  1. ワイン名(DOCG名)
  2. 統制保証原産地呼称
    Denominazione di Origine Controllata e Garantita(DOCG)
  3. ヴィンテージ(ブドウの収穫年)
  4. 生産者名
  5. ワインを瓶詰めした会社(通 常は生産者)とその所在地 “Imbottigliato da”の後に記載される。
  6. 容量 (clはmlの10倍)
  7. アルコール度数
  8. 原産国
    輸出されるワインには原産国が表示される。これ以外にも次のような表示もある。Rosso(ロッソ)は赤、Bianco(ビアンコ)は白。Secco(セッコ)Abboccato(アッボッカート)、Amabile(アマービレ)の順に辛口から甘さを増していく。また、Riserva(リゼルヴァ)は、特定の熟成期間(バローロやキアンティでは5年以上の熟成)を経たワイン。Superiore(スペリオーレ)は、規定のアルコール度数をクリアしたもので、Vin Santo(ヴィン・サント)やRecioto(レチョート)は、陰干しされたブドウから造られた甘口のデザートワイン。

ドイツワインのラベル

ドイツワインのラベルは、ターフェルヴァイン、QbAとQmPの3つのカテゴリーによって異なる。

ドイツワインのラベル

  1. ワイン名
    (市町村名+畑名) 畑名表示の条件は、その畑のブドウから造られるワインが85%以上含まれていること。ただし、ベーレンアウスレーゼとトロッケンベーレンアウスレーゼに限り、51%以上であれば可。
  2. ヴィンテージ(ブドウの収穫年)
    ヴィンテージ表示の条件はその年のワインが85%以上含まれていること。
  3. ブドウ品種
    品種名表示の条件は、その品種が85%以上含まれていること。2つの品種のブレンドの場合は連名にすることも可。比率の大きいほうを先に表示。
  4. 格付け
    カビネットから始まる6つの格付けがある。
  5. 生産地域
    QbAとQmPは生産地域を明示。
  6. 品質等級
  7. 原産国
  8. 生産者
  9. 容量
  10. 生産者の所在地
  11. 生産者元詰め
    GutsabfullungまたはErzeugerabfullungと記載。
  12. 公的検査合格番号
  13. アルコール度数

特殊な例として、市町村名を付けず、畑名が単独でラベルに表示される単一畑(オルツタイルラーゲ)がある。シュタインベルガー、シュロス・ヨハニスベルガー、シュロス・フォルラーツ、シュロス・ライヒアルツハウゼン、シャルツホーフベルガーの5つのみがこれに相当。グーツヴァインは、畑名を付けず、生産者名がワインの名称としてラベルに表示される。

スペインワインのラベル

スペインでは、DOまたはDOCワインの場合、産地表示が義務づけられているが、フランスやイタリアなどと違い、ラベルにブランド名などを別 に表示し、それをワイン名として扱う。

スペインワインのラベル

  1. ワイン名(ブランド名)
    ブランド名や固有の畑名、またはボデガス名などの固有名称を表示する。
  2. 原産地呼称名(DOC名)
    DOCは、“Denominacion de Origen Calificada”で、DOの場合は、“Calificada”が付かない。
  3. ヴィンテージ(ブドウの収穫年)
  4. 熟成期間の分類
    熟成期間を必要としない“SinCrianza(シン・クリアンサ)”から以下期間に応じて“Crianza(クリアンサ)”“Reserva(レセルバ)”“Gran Reserva(グラン・レセルバ)”の4段階に分けられる。
  5. ワインの瓶詰め業者
    “ Embotellado por”などと記載されていればその後に表示されている業者でワインの瓶詰め作業が行われたことを示す。
  6. 産地証明スタンプ
    右のラベルはリオハのもの。
  7. 容量(clはmlの10倍)
  8. アルコール度数

カリフォルニアワインのラベル

カリフォルニアのワインは、ヴァラエタルワインとジェネリックワインの2つに分けられる。ヴァラエタルワインは、ブドウの品種(75%以上使用)とその産地が表示されている。ジェネリックワインは、複数のブドウをブレンドされたワインで、フランスのボルドーワインのような高価なプレミアムワインから安価なワインまである。ワイン名はブランド名などを表示することが多い。ここでは、表示項目が決められている、ヴァラエタルワインについて解説する。

カリフォルニアワインのラベル

  1. ブドウの品種名(ワイン名)
  2. 産地名
    産地名はAVA(Approved Viticultural Areas)の区域内で収穫されたブドウを使用している場合はその名称が表示されている。複数のAVAのブドウをブレンドしている場合や区域外の場合は、“Sonoma County”のように郡や“California”のように、単に州名を表示している。
  3. ワイナリー名(ブランド名)
  4. ヴィンテージ(ブドウの収穫年)
    95%以上同じヴィンテージのブドウを使用していれば表示できる。
  5. 特別仕込みのワイン
    イタリアやスペインのように熟成期間などの決まりはない。
  6. アルコール度数
    また、“Estate Bottled”などと表示されていれば、生産者元詰めワインであることを示す。

シャンパーニュのラベル

シャンパーニュは、原産地名ではなく、ブランド名や生産者名を大きく表示する。

シャンパーニュのラベル

  1. ブランド名(ワイン名)
  2. 生産者名
  3. ヴィンテージ(ブドウの収穫年)
    シャンパーニュは異なるヴィンテージのワインをブレンドして造るノンヴィンテージと、同一のヴィンテージのみで造られるヴィンテージ・シャンパーニュに分けられる。生産量 の大半は、前者のノンヴィンテージもので占められるため、ヴィンテージ表示がない場合が多い。ヴィンテージものは、各社のキュヴェ・プレステージュなどに多く、高価である。
  4. 辛口度
    辛口の度合いは右の表の通り6段階に分かれる。
  5. 生産者の所在地
  6. 原産国
    輸出されるワインには原産国が表示される。
  7. 生産者のカテゴリー
    NM=ネゴシアン・マニピュラン(酒商兼製造業者) RM=レコルタン・マニピュラン(栽培者兼製造業者)CM=コーペラティヴ・ド・マニピュラン(製造業者組合)
  8. 容量
  9. アルコール度数
    また、この他に“Blanc de Blancs”(ブラン・ド・ブラン)という表示があれば、シャルドネのみから造られたことを意味する。

最新記事一覧

新コラム 『土とワイン』第1回
CASUAL+ フォルスタージャパン初のインバーターセラー
いろいろな冷却方式
ワインの保存方法
2月2日(木)放送のフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」に、フォルスタージャパンのワインセラーが登場しました。