フォルスタージャパン | forster japan

CLOSE

フォルスタージャパンのワインセラー
フォルスタージャパンのワインセラー

フォルスタージャパンが考える
よいワインセラーの条件とは

なぜ、ワインセラーが必要なのでしょうか?

それは、ワインセラーにしかできない重要な役割があるからです。

ワインはお酒の中でも、とくにデリケートな飲み物。

ワインのおいしさは、保存の環境に左右されます。

美味しいワインのための穏やかな寝室。

ワインの熟成にとって、より良い保存環境。

それらを追求しているのがワインセラーなのです。

フォルスタージャパンが考えるよいワインセラーの条件とは

Point 1手間をかけずに高湿度を維持できる

ワインの保管に湿度はとても重要です。ワインにとって理想的な湿度は70%~80%。高い湿度を維持することで、コルクの乾燥を防ぎ、ワインの品質を守ります。

おいしいワインが家で飲める。

穏やかな温度変化

ワインの保存・管理で最も重要なのは一定の温度を保つこと。一般的にワインの保存温度は12℃~15℃が理想的と言われています。何よりもデリケートなワインは、周囲の温度変化が緩やかであることが大切です。

ボトルをショーアップし、洗練された空間を演出。

澱を落ちつかせる

コンプレッサーに防振処理を施すことで、庫内の棚への振動を軽減。ワインの澱を落ち着かせ、ワイングラスに注いだときに、クリアで美しいワインの色を楽しめます。

ボトルをショーアップし、洗練された空間を演出。

UV反射加工を施したガラス扉

紫外線にあたると、赤ワインは退色、白ワインは黄変するなどの劣化の原因になります。ガラス扉にはUV反射加工を施し、紫外線からの影響を抑制。大切なワインを化学反応から守り、より理想的な保管環境を追究しています。

人が集まる。みんなが喜ぶ。

1温度タイプと2温度タイプ。それぞれのお薦めの使い方

  • 1温度タイプ

    将来楽しみたいワインの長期貯蔵におすすめ

    1温度タイプは将来楽しみたいワインを貯蔵するワインセラーとしておすすめ。
    設定温度は、12~15℃で。
    バックヴィンテージで買ったワインも、3か月程度ワインセラーに寝かせておくと、味が落ち着きワインがもつ本来の味を楽しめます。
    ワインも旅や移動をすると、疲れてストレスがかかり、本来の味を発揮しません。ワインセラーで少し休ませてから飲むとよりワインを楽しめます。

  • 2温度タイプ

    上室は貯蔵温度で熟成に、下室は飲みごろ温度で短期用に

    上室には、熟成を目的とした赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインの貯蔵をおすすめします。
    上室の設定温度は、12~15度の設定で。
    下室には、白ワイン・スパークリングワインを飲みごろ温度で設定します。飲む前日に上室から下室へ。
    下室の設定温度は6~9℃に。
    ワインを美味しく飲むためにも飲みごろ温度での貯蔵は1ヶ月程度を目安に。